HEDGE HOGのブログ

新潟県のクラブバスケットボールチームのブログ
<< キャッチコピー<その弐> | main | 練習試合VS工短(改訂版) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |
    キャッチコピー<その参>
    0
       こんばんは。No.17小山です。


      今日は新工短との練習試合。詳細は、後でNo.12『キツネ目の男』が書いてくれると思います。

      工短はインカレ予選前とあって、厳しいプレイを求められつつも、けがをしないのが第一優先事項。もちろんヘッジも県選手権前なので、けが人はタブー。

      試合は、No.7の『ぬりかべ』が復帰間もないにもかかわらず、スターティングメンバーに名を連ねる。


      そんな中、やってはいけないことが起こってしまいました。



      そう・・・、ケガ人です。










      No.17のハッスルリバウンドからの、ハッスル捻挫で、ハッスル退場(^^;)

      つまり、ハッスル小山は退場してしまいました・・・。



      ということで、動けない今こそ、ブログに専念したいと思います。

      残りのヘッジメンバーも少なくなって参りました。それでは、いきます。




      No.14 『鳥取が生んだ老戦士』 森田誠

      彼のプレイは、けがと隣り合わせの、ギリギリのプレイなのです。リバウンドにいけば足を捻挫し、レイアップにいけば膝が折れ、必死で走れば腰を痛める・・・。

      「バスケをする=命を削る」

      これだけの覚悟で老戦士はコートに立ちます。わざわざ鳥取からやって来て。




      No.15 『ヘッジのデータバンク』 衣川雄大

      彼のバスケに関する情報は、カシオのデータバンク3つ分くらいと言われています。

      わざわざこちらから聞かなくても、

      「あの選手は、昔、○○大にいて、その後□□実業団に行きました。得意なプレイは、・・・」

      延々と語ってくれます。優しい人が大好きなので、ヘッジのタイムアウトでは、No.11の須貝にだけこっそり指示を出しています。

      最近は仕事が忙しいようで、なかなか練習に参加できず、運動不足のようです。なので、



      『長崎産の特大ミートボール』 状態です。


      かなり巨大化してきたので、ハッスル小山とダイエット勝負をすることにしました。




      No.16 『なでしこJAPAN・MVP』 島和宏

      まさかワールドカップというあの大舞台で活躍し、MVPをとるとは思いませんでした。澤和宏は、これからもなでしこJAPANの中心にいること間違いなし。本当に、澤選手にそっくりです(^~^)b


      『BANKシュートの達人』


      彼の得意技は、他の人が真似できないシュート。『天空シュート』と名付けられたふわりと浮かせるシュートと共に、3Pであろうがきれいにバンクシュートを決めてきます。さすが銀行(BANK)マンですね。




      No.18 『水原の白鳥ボーイ』 前田健太郎

      水原出身の前田犬は、白鳥のごとく舞い、蜂のように刺すとか刺さないとか・・・。最近は発言にもキレが出てきたようで、ヘッジの先輩方にため口を使うなど、どんどん自信に満ちています。


      『瓢湖に舞い降りた、みにくいアヒルの子』

      ヘッジのみんなからかわいがられています。



      そう言えば、今日の練習試合では、ベンチの中でこんなやりとりがありました。


      「どうする?白鳥ボーイを出す?」

      「いや、でも黒豹じゃね?」

      「でもここは、いったん白鳥ボーイを出そう。」

      「じゃあ、黒豹はちょっと休憩ね。」

      その様子を静観するトビウオ王子。


      まるで、動物園のようでした(笑)




      No.19 『GTO』 後藤寛史

      G(後藤は)

      T(鳥屋野体育館に)

      O(居ります)


      社会人として、挨拶は大切です。初めてあった人には、GTOで挨拶です。自分の職業に誇りを持っています。彼に会いたければ、鳥屋野体育館にいます。


      『Go to GTO-Goto!!』(GTO後藤に会いに行こう!!)

      探してみてください。




      No.20 『ロマンチストな生臭坊主』 小野雄太

      ヘッジのブログでは、ポエマーとしても活躍しています。彼の繊細な感覚は、ポエムに乗り移り、ロマンチックな詩人として、第2の人生が決まっています。


      『金子みすゞの生まれ変わり』

      「こだまでしょうか  いいえ  誰でも」
      10年後には、小野が作ったロマンチックなポエムが、ACのCMの中で紹介されるはずです。楽しみに待っていてください。




      No.? 『永遠の秘密兵器』 小林倫士

      安藤命名のキャッチコピーです。

      あれだけの身長、パワー、テクニック、気合いがありながら、バスケの会場に来ることはまずありません。秘密兵器のままで終わるのは、本当にもったいない。でも、時には数千万円が動くビジネスをしている彼ですから、仕様がないですね。




      No.1 『小千谷生まれの和田豊(阪神タイガース)』 佐々木貴史

      分かる人にしか分からないと思いますが、阪神で大活躍した和田豊にそっくりなんです。ヘッジ内でも分からないだろうな・・・。


      『極悪高速キラーパス・チャチャキ』

      こっちの方がしっくりきますかね。彼のキラーパスは、得点につながり、相手に精神的ダメージを与えることができます。でも、本当に恐ろしいのは、目の前でマークしている相手の顔面にもダメージを与えてしまうことなのです。私は大学時代に彼にマッチアップしましたが、目の前にボールが飛んできて、バク宙状態の1回転をしたことがあります(実話)。しかも、酷いときには、倒れた相手を踏みつけますから(実話)。



      さてさて、ついに全員分のキャッチコピーが完成しました。

      少しはヘッジのメンバーを身近に感じてもらえたらうれしいです。


      最後になりますが、No.17小山のキャッチコピーは、


      『パンチ佐藤のそっくりさん』


      くらいでどうでしょうか?

      ご静聴ありがとうございましたv(^o^)v
      | ヘッジブログリレー | キャッチコピー | 22:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:00 | - | - |
        特徴をとらえてますね(笑)
        壮史さんのはないんですか?
        | ファン | 2011/09/24 11:14 PM |
        ☆ファンさんへ

        壮史ですかぁ…。

        彼はれっきとしたプロ選手なんで、きっとふさわしいキャッチコピーがあるんじゃないでしょうか。いや、みんなに愛されるプロ選手であれば、なくては困ります!!しがないヘッジのメンバーがおふざけでつけてもいいですかねぇ(^_^;)

        一応考えてみますね。
        | No.17 | 2011/09/24 11:51 PM |









        トラックバック機能は終了しました。
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        31      
        << May 2020 >>
        + PR
        + SELECTED ENTRIES
        + RECENT COMMENTS
        + RECENT TRACKBACK
        + CATEGORIES
        + ARCHIVES
        + HEDGE HOG ロゴ
        + Google
        + MOBILE
        qrcode
        + LINKS
        + PROFILE